「 月別アーカイブ:2018年10月 」 一覧

no image

9th October 2018

2018/10/09   -作品演奏会関連

 

朝晩はかなり冷え込む昨今のパリ。すっかりコートやマフラーの映える気候となりました。いろいろあったような、何もなかったような9月のパリですが、振り返ればやはり何かしらはあったようです。そんな9月の目玉は下に書く演奏会。

 

9月22日にはソプラノの溝淵加奈枝さんとギターの藤元高輝くんによる演奏会にて拙作の演奏がありました。もともとはソプラノとピアノのために書かれた小品ですが、ギターにアレンジしてもうまくいくのではないかと思い、この度ギター版を作ることに。とはいえ、ギターでは少し無理があるのではないかと思いながら編曲していたのですが、私自身の想像をはるかに超えた藤元くんの演奏はまるで初めからギターのために書かれたのではないかと思うほどで、素晴らしい編曲初演となりました。

 

現在はドイツに住んでいるお二人によるこのデュオ。やはり奏者によって選曲も変わるもので、個人的にはプログラム(選曲)にいささかの懐かしさを感じた次第。パリであのようなプログラムを聴けるのは珍しかったことと思います。ソプラノ、ギターともにそれぞれの作品の芯を捉えた演奏は抜群で、あれだけ幅のあるプログラムでそれを成し遂げたことには感嘆。そんな二人の活動はヨーロッパや日本などで定期的に続くことになるかと思うので、今後とも注目していきたいです。

 

10月になると不思議と空気も変わり、街が動き出している気がします。いよいよ2018/19年度の本格的な始まりといったところでしょうか。