「 日別アーカイブ:2018年06月14日 」 一覧

no image

14th June 2018

2018/06/14   -作品演奏会関連

 

日本ではバリトン•サクソフォンのための作品が再演され、パリではバリトン•サクソフォンとフルートとの即興演奏の舞台があり、バリトン•サクソフォンとの関わりが強い6月頭となりました。本堂くん、外山さんという私のパリ留学以来の長い付き合いの2人とプロジェクトを作れるようになったのだと考えると実に感慨深い。長らく手をつけていなかった諸々に手をつける心の余裕もようやく生まれ、少しはアクティブになれそうな近頃です。

 

[東京、大阪での演奏会について]

本堂誠くんが素晴らしい奏者であるということは既に広く知られていることかと思いますが、それを証明付ける非常に素晴らしい演奏会であったことと思います。現場にいることは叶いませんでしたが、遠くパリの地からも確認することができる、それを確信できるほどの熱狂的な反応の数々がそれを物語っています。いつかまた彼のために10分〜15分くらいのまとまった長さの独奏曲やバリトン•サクソフォン+エレクトロなどを書ければいいなと願いますが、果たしてその機会は訪れるのだろうか。

 

[パリでの即興演奏の機会について]

終わってから気づいたことですが、舞台上で何かをするというのはおよそ10年振りのこと。そしておそらくこれがその最後の機会となることでしょう。得るものが多い、非常に貴重な機会でした。即興演奏に関わるようになってまだ日が浅いですが、この領域に関しての見識が少しはついたように思います。外山舞さんと内山貴博くんとの即興は実に心地よく、彼らと行うことになる次のプロジェクトが非常に楽しみです。写真は終演後の挨拶の際のもの。