「 月別アーカイブ:2017年10月 」 一覧

no image

29th October 2017

2017/10/29   -日常のあれこれ

神無月も終盤。今日の午前中にサマータイムが終わり、来る冬に身が引き締まる思いです。

色々とめまぐるしい一ヶ月でしたが、そんな日々の中で電子音響のための小品を一作、アンサンブルのための小品を二作(もう一作書かないと)を書きつつ、学校のプロジェクトであるアンサンブル+電子音響と、わずかながら他の作品の作業を並行して行うことができたので、生活リズムは安定していたのかと思います。

明日明後日は仕事半分趣味半分のイベントがあり、それを終えたらいよいよ霜月。今年は霜を見ることがあるのだろうか。

no image

14th October 2017

2017/10/14   -日常のあれこれ

昨日は13日の金曜日。西洋では不吉とされる日ですが、毎年訪れるごく当たり前の日。授業の合間に中庭で休憩していたらA-Cis-A-Cisというアラームが。避難訓練、普段は午前中にやることが多いのに午後にやるとは珍しいな、と思って外に出ると少し様子が異なり、学校から目一杯離れるようにとの指示。状況も知らされず30分ほど待っていると音楽学部長からあと1時間半は学校入れませんよ、とのアナウンス。

 

どうやらアラームが鳴る少し前から警察が集まってきていたようで、異変を感じていた学生もいたようですが、まさかそんなことが起きているとは思いもしない我々はとてもびっくり。Colis suspect(不審物)が原因だったようで、結果的に被害はなかったようですが、自分がパリにいることを-テロ組織から狙われる可能性が0ではない環境にいることを-思い起こさせるいい体験でした。

no image

9th October 2017

2017/10/09   -日常のあれこれ

2kgのおもりが2つなので軸と合わせて5kgくらいありそうなダンベル。先日ひょんなことからいただき、我が家へ。作業が一段落すると何気なく数回上げ下げして気分転換になります。気を緩めると転がっていってしまうのでそれだけが悩みどころ。

 

10月は先月に比べれば喫緊のものがなく心は穏やか。締め切りや必要に迫られて作曲をすることは精神的にもきつく、今のように今日はこの作品を手がけよう、明日はあっちの作品に手をつけよう、と自分の気分に従って作業を進める作品をオーガナイズできる環境は理想的。その環境を構築して、維持していけたらと思っています。

no image

1st October 2017

2017/10/02   -作品演奏会関連

9月22日の新作初演ならびに9月28日の作曲個展、どちらも無事に終わりました。夏前から9月末はどうなることやらと戦々恐々としていましたが、その予想以上にバタバタで、人生で最も過酷な時期だったためにこちらに文章を書く余裕などさらさらなく、日々準備にあけくれていました。そのためか、作曲個展後も疲れが取れず、数日経ちようやく日常に戻ることができた次第です。

 

二つの演奏会はどちらも本当に気づきの多いもので、かけがえのない経験でした。5年前、2012年の作曲個展は今後の自分の活動の萌芽となるような演奏会にしたい、という思いで行っていましたが、それが、根本的なところは保ったまま、当時は考えもしていなかった方向に発展し、多少の成長はできたのではないかと思います。それと同時に反省材料も多く、これは次の作曲個展–いつどこで機会があるかはわかりませんが–でより実り豊かな成果を残すために活かしたいと思います。

 

兎にも角にもこの9月末に私に関わってくださった本当に素晴らしい演奏者の皆様をはじめとした多くの方々に大いに感謝です。ありがとうございました。

 

パリ音楽院の方は修士課程の一年目ということで、来年度末に書くことになる論文の準備がとうとう始まりました。その傍ら、来年3月に学校で発表する8人のアンサンブルとエレクトロニクスの作曲を始め、12月から来年秋にかけて演奏される予定の作品を並行して行う日常です。