「 月別アーカイブ:2017年05月 」 一覧

no image

22nd May 2017

2017/05/22   -作品演奏会関連

 

昔の作品を見返すたびに思いますが、時間が経つにしたがって、自分という人間、そしてその人間の書くものは変化しているようで、根元の部分は変化していません。それがアイデンティティというものなのでしょう。

 

故に2013年に書かれたヴィオラ•ソロのCapellaの中には今の自分の興味がほとんど全て詰まっていると言っても過言ではありません。クラシック音楽や現代音楽への尊敬、楽器や編成のイディオムに対する姿勢:ここではヴィルトゥオジティへの興味、など。演奏は迫田圭くん。素晴らしいヴァイオリニストでありヴィオラも非常に高い水準で弾くことのできる驚異的な奏者の一人です。

 

no image

15th May 2017

2017/05/15   -日常のあれこれ

既に一週間近く経ちましたが、パリ国際大学都市日本館での演奏会、無事に終わりました。梶原一紘さん、内山貴博くん、江崎萌子さんは本当に素晴らしい演奏で、このメンバーで演奏会ができたことを誇りに思います。同じ内容を東京でも、とは私たちの中からも、お客様のなかからも、そしてお越しになることができなかった方からも伺っていますので、機が熟すまでしばらく寝かせ、より良い舞台を作ることができるように努めたいと思います。

 

演奏会ではパソコンにより、スピーカーから出てくる音、照明、映像をコントロールしていましたが、これがなかなか骨の折れる作業。音響に集中すると照明への、照明に集中すると映像への、映像に集中すると音響への注意を保つのが難しく、とてもいい勉強になりました。日常の他の場面でも自分の頭や心を分割したいと思う場面が最近多く、ここしばらくの課題となりそうです。

no image

6th May 2017

2017/05/06   -作品演奏会関連

 

各々が余すところなく銘々の持てる力を発揮したこのスペクタクル。準備も佳境に差し掛かり、本番まで残りあとわずか。私も最高の演出をできるように全力です。

 

– – – – –

 

《Palladium》、《Marteaux》他

5月9日(火)20時
パリ国際大学都市日本館