「 月別アーカイブ:2017年03月 」 一覧

no image

28th March 2017

2017/03/28   -作品演奏会関連

 

嵐のような3月が終わり、ようやく一段落です。それとほとんど同時にこちらは夏時間となり、これは偶然ですが、本当に心地のいい、過ごしやすい気候が続いています。冬の間は心が本当に塞がっていて、余裕がなかったのだと今になって気付き、その反動からかこの快適すぎる日々を満喫せずにはいられない、そんな最近。

 

写真はこの3月に本当に大変な作品を快演してくださったお優しく素晴らしいお二人と。写真左は本堂誠君(17日、パリ国際大学都市日本館、3 études pour saxophone baryton)、写真右は河野彩さん(23日、パリ国立高等音楽院 Espace Maurice Fleuret、Ghost pour violon et électronique)。23日の演奏会の後にたまたま3人で集まれたので、勢いで撮ったものです。

 

– – – – –

 

《Palladium》他
5月9日(火)20時、パリ

no image

22nd March 2017

2017/03/22   -作品演奏会関連

 

11月からの大変充実した期間の集大成。ヴァイオリンと電子音響のための《Ghost》の初演が明日に迫りました。一回しか会場でのリハーサルができなかったのですが、さすが百戦錬磨の河野彩さん、少ない時間で作品の本質を捉え、僕が抱えていた諸々の不安は吹き飛びました。明日が楽しみです。

 

http://www.conservatoiredeparis.fr/voir-et-entendre/lagenda/tout-lagenda/article/concert-electroacoustique-3/?tx_ttnews%5Bnpage%5D=2

 

– – – – –

 

MAURIZIO AZZAN
Somewhere
pour violon et électronique
Apolline Kirklar, violon

 

ALEX NANTE
Estrella de la mañana
pour piano et électronique
Antoine Ouvrard, piano

 

PAUL DUJONCQUOY
Decadent clouds & wobbly machines
pour clarinette basse et électronique
Juliette Adam, clarinette basse

 

RÉMI BRICOUT
Leups

 

SAMIR AMAROUCH
Appel
pour clavecin et électronique
Orlando Bass, clavecin

 

KO SAHARA
Ghost
pour violon et électronique
Aya Kono, violon

 

THÉO MÉRIGEAU
Lisière en pointillé
pour flûte, accordéon et disklavier
Kaisa Kortelainen, flûte
Théo Ould, accordéon

 

Equipe technique :

Jacques Warnier, réalisateur Informatique Musicale
Jean Gauthier, ingénieur du son
Sébastien Tondo, Romain Repp, sonorisateur

no image

19th March 2017

2017/03/19   -作品演奏会関連

 

一昨日無事に初演を終えたバリトンサクソフォン独奏のための作品。本堂誠君の迫真の演奏は大変素晴らしく、お客様からも絶賛の声が上がっていました。この作品についてはまた日を改めて触れることとして、現在は今週木曜日に初演するヴァイオリン+電子音響の作品の大詰めの最中。数日したらまた詳しく演奏会についてご紹介します。

 

– – – – –

 

《Ghost》(Vn.+  Elec.)
3月23日(木)19時、パリ

《Palladium》、2Fl. + Elec.、Elec.
5月9日(火)20時、パリ

no image

14th March 2017

2017/03/14   -作品演奏会関連

 

バリトンサクソフォンに情熱を捧げている本堂誠くん。最初は1、2分程度の小品を作るつもりでいたのですが、気付いたら全曲を演奏するのに15分くらいかかる大掛かりなバリトンサクソフォン独奏の作品ができていました。前半は年末にできていましたが、後半は本来ならもっと先延ばしにしてしまっていたであろうこの作品。ところが彼の方から演奏会の機会を提案していただき、幸運にもこの度初演の運びとなりました。

 

彼の所属するQuatuor Niobéの演奏会内での演奏となります。その他のプログラムは僕もまだ知らない状態なので、情報が入り次第こちらにも載せます。演奏会は3月17日金曜日20時より、パリ国際大学都市日本館サロンにて。

 

追記:こちらから演奏会のフライヤーを見ることができます。

no image

5th March 2017

2017/03/05   -日常のあれこれ

 

パリ音楽院では毎年1回オペラ制作があり、今年はドメニコ•チマローザ作曲、オペラ•ブッファ《秘密の結婚》がその演目。その学内リハーサルを先日観劇してきました。

 

http://www.conservatoiredeparis.fr/voir-et-entendre/lagenda/tout-lagenda/article/il-matrimonio-segreto-2/

 

大変素晴らしい上演でした:それぞれのキャラクターを理解しきった上で見事に演じ分けた声優陣、あの会場の特性をフルに活かした、最小限の規模で最大限の効果を発揮する美術、そして、オペラの核を捉えた上でこの上なく自由な演出。2009年に行われた木下牧子さんのオペラ《不思議の国のアリス》(東京室内歌劇場、ル•テアトル銀座)を見たときに抱いた印象を思い出すようなとても素敵な公演でした。

 

3月6日にはライブ配信があるので、最終的にはパリ音楽院のサイト上から観ることができるようになると思います。

 

http://www.conservatoiredeparis.fr/voir-et-entendre/live/

 

– – – – –

 

《3 Études pour saxophone baryton》

3月17日(金)20時、パリ

 

《Ghost》(Vn.+  Elec.)

3月23日(木)19時、パリ

 

《Palladium》、2Fl. + Elec.
5月15日(月、未定)20時、パリ