「 日別アーカイブ:2016年03月21日 」 一覧

no image

21st March 2016

2016/03/21   -作品演奏会関連

 

4年前に行われた作曲個展で最後に演奏された作品、《天堂苑樹》。尺八の独奏を含む23分のこの小協奏曲はあらゆる意味で現時点の私にとって特別な作品です。それはこの作品が当時の自分が求めていた音楽を包括的に確認できるこれ以上とない作品であるため。

編成、時間構成、音色や音形など楽器の使用法など、当時の私が興味を抱いていた、そして少なからず現在の私も興味を抱いている要素が楽譜を開くとこれでもかと出てきます。ここまで素直に作曲した作品は数多くはないのではというほど。

この作品は再演への願いがとりわけ強い作品のひとつです。個展での名演奏の録音はもちろん私にとってかけがえのないものですが、いつになるかわからないその再演の日に、この作品がその時の私にどのように響くのか、非常に楽しみです。