「 月別アーカイブ:2015年06月 」 一覧

no image

25th June 2015

2015/06/25   -日常のあれこれ

 

日本の感覚で過ごしても被害遭わないですむ地域、というのが世界にどれだけあるのか…と思いますが、日本人の書く「安全」とはこの基準によって書かれています。外から中身の見えるバッグの物をすられて「あの地域は危険だ」と書くような人もおそらくいるでしょう。そもそもの話、外国で警戒して歩くのは当然のことです。ここは日本ではないのですから。

 

パリの治安は全体的に悪くありません。ただ、ものすごく大雑把に言うと、北よりも南の方が、そして東よりも西の方が治安はいいです。確かにパリの南西に位置する16区の一界隈は夜は物音もしないほど静かだと聞きますし、高級住宅街として知られています。ただしその真逆、パリの北東端にあるCNSMの治安が悪いかと言うと…もっと治安の悪い地域はパリにあります。

 

よく悪い噂を聞くのはメトロ2番線のPigalle、Anvers、そして何よりもBarbès Rochechouart。特にバルベスはパリ在住の人からですら被害体験を耳にするので、私は日が暮れてからは歩きません。(昼間歩く分には問題ありません………が、ガイドブックを開きながらキョロキョロしてる人は被害に遭いそうな雰囲気。)

no image

19th June 2015

2015/06/19   -日常のあれこれ

 

日本の感覚で過ごしても被害遭わないですむ地域、というのが世界にどれだけあるのか…と思いますが、日本人の書く「安全」とはこの基準によって書かれています。外から中身の見えるバッグの物をすられて「あの地域は危険だ」と書くような人もおそらくいるでしょう。そもそもの話、外国で警戒して歩くのは当然のことです。ここは日本ではないのですから。

 

パリの治安は全体的に悪くありません。ただ、ものすごく大雑把に言うと、北よりも南の方が、そして東よりも西の方が治安はいいです。確かにパリの南西に位置する16区の一界隈は夜は物音もしないほど静かだと聞きますし、高級住宅街として知られています。ただしその真逆、パリの北東端にあるCNSMの治安が悪いかと言うと…もっと治安の悪い地域はパリにあります。

 

よく悪い噂を聞くのはメトロ2番線のPigalle、Anvers、そして何よりもBarbès Rochechouart。特にバルベスはパリ在住の人からですら被害体験を耳にするので、私は日が暮れてからは歩きません。(昼間歩く分には問題ありません………が、ガイドブックを開きながらキョロキョロしてる人は被害に遭いそうな雰囲気。)

no image

16th June 2015

2015/06/16   -日常のあれこれ

 

6月に入り更新を怠ってしまいました。というのも、5月半ばから7月頭までは試験シーズンのパリ音楽院。人によって試験の時期はまちまちですが、私の場合6月に2つ重要な試験があり、そのためにこちらにまで頭が回らなかった次第です。

 

日本の音楽大学の作曲科では年度末試験として譜面提出が求められることがほとんどですが、この学校では毎年プレゼンテーションをする必要があります。演奏科は日本でもフランスでも年度末に課せられるものは演奏試験ですが、作曲科は違う、というのは個人的には興味深い。 15日をもって、ひとまず今年度の試験は終了。レッスン授業は今月いっぱいありますが、それらは来年度に向けた準備のつもりで臨みます。